保険(生命保険・損害保険)を考える

保険(生命保険・損害保険)の新規加入や契約更新、見直し等に役立つ情報

終身保険

定期保険と同様に死亡した場合のみ、死亡保険金が受け取れます。保険期間は定期保険と異なり一定ではなく、一生涯死亡保障が続きます。

満期保険金はありません。
保険料の払い込みが一定年齢または一定期間で満了する有期払込タイプと、一生涯払い続ける終身払込タイプがあります。
定年までに保険料の払込を終了する「有期払」にするケースが多いようです。
契約当初の一定期間の保険料を低く抑え、その分一定期間経過後の保険料を高くする「ステップ払込」タイプを取り扱う生命保険会社もあります。
無選択型終身保険では、契約後2年間など一定期間内に疾病により死亡した場合は死亡保険金ではなく、既に払い込んだ保険料相当額が支払われます。

2010-08-20 00:39:56生命保険の種類

定期保険

保険期間は一定で、その間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。
保険期間満了まで生存していた場合、満期保険金は支払われず契約は消滅します。

満期保険金はありません。
保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的
割安な保険料で高額の死亡保障が得られます。
保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険金額が増えていく逓増定期保険もあります。

2010-08-20 00:40:27生命保険の種類

養老保険

保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存していたときには満期保険金が受け取れます。
死亡保険金と満期保険金は同額です。

2010-11-14 13:33:17生命保険の種類

医療保険

病気ケガで入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れます。
死亡したときは、死亡保険金が受け取れる種類もありますが、金額は少額です。

一定の保険期間を定めた定期タイプと一生涯保障の終身タイプがあります。
無選択型の医療保険では、契約後90日間など一定期間内に疾病により入院した場合は、給付金の支払い対象にならないことがあります。

2010-08-20 00:41:41生命保険の種類

ガン保険

ガン保険は、ガン入院手術したときに入院給付金手術給付金が受け取れるものです。

ガン診断されたときには診断給付金を受け取れるのが一般的です。

2010-11-14 13:33:57生命保険の種類

収入保障保険

死亡したとき以後、契約時に定めた満期まで年金が受け取れます。

年金を受け取れる回数はいつ死亡するかによって変わります。

年金の受け取り回数には最低保証があります。
満期までの年金受取回数が最低保証に満たない場合、最低保証分を受け取れます。

2010-11-14 13:34:23生命保険の種類

こども保険(学資保険)

子供入学進学に合わせて祝金満期保険金が受け取れます。

原則として親が契約者、子どもが被保険者になって契約します。
保険者が死亡した場合、死亡給付金が受け取れますが、金額は少額です。
契約者が死亡した場合、以後の保険料の払い込みが免除されます。
さらに、育英年金や一時金が受け取れるものもあります。

2010-11-14 13:34:57生命保険の種類

介護保険

寝たきり認知症によって介護が必要な状態となり、その状態が一定の期間継続したときに一時金年金が受け取れるタイプと公的介護保険の要介護認定に連動して一時金年金が受け取れるタイプがあります。

保険期間が一定の定期タイプと一生涯の終身タイプがあります。

2010-11-14 13:35:13生命保険の種類

火災保険

住宅火災保険
住宅総合保険
長期総合保険
団地保険
地震保険

2010-11-14 13:36:46損害保険の種類

自動車・バイク保険

自動車損害賠償責任保険自賠責保険

任意保険
対人賠償保険
対物賠償保険
・搭乗者傷害保険
・自損事故保険
・無保険車傷害保険
車両保険
・人身傷害補償保険

2010-11-14 13:36:31損害保険の種類

個人年金保険

契約時に定めた一定の年齢から年金が受け取れます。

年金を受け取る期間でいくつかの種類があります。

保証期間付終身年金
保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、その後は被保険者が生存している限り終身にわたり年金が受け取れます。保証期間中に被保険者が死亡した場合、残りの保証期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

確定年金
生死に関係なく契約時に定めた一定期間、年金が受け取れます。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間に対応する年金、または一時金が支払われます。

保証期間付有期年金
保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れ、その後は契約時に定めた年金受取期間中、被保険者が生存している限り年金が受け取れます。保証期間中に被保険者が死亡した場合、残りの保証期間に対応する年金、または一時金が支払われます。保証期間のないものもあります。

夫婦年金
夫婦いずれかが生存している限り年金が受け取れます。

2010-11-14 13:35:39生命保険の種類